2017年12月13日水曜日

Westernの監督

今日は、Westernの監督、Valeska Grisebachがきました。そして、映画を見て、話を聞いた。
この映画の出発ポイントは、ドイツ人であるということ、つまり自分の国際的なナショナリティーの存在を、ヨーロッパは多人種共存主義だからとあまり国籍に固執した態度をとらないということではなく、あえて自分はドイツ人である、と言ってみる。という所から出発している。それが面白い。
そして、そのドイツ人であることが、他の東ヨーロッパに行った時に、ある優勢的な立場になる。それは、ドイツが他の国よりも強くアメリカやイギリスのように裕福な国であることを他の国々の人々は知っているからだ。そういったことから、シーンのあちこちで、ドイツの国旗が現れたりもする。そして、そこから連想するのはネオナチ的な自国崇拝主義だ。その中でも、鼻高々なドイツ人の仲間同士の争いが見られる。ブルガリアに工事業者として来ているドイツ人労働者というその地位・存在は、ある小さな村での外国人という存在である。その彼らの一部が、主人公であるMeinhardと仲良くなって行く部分もあるが、結果村人の他の連中からはあまり受け入れられない。
僕が、面白いと思ったのは、この主人公が、そのネオナチ的な存在でもある仲間・同僚とも最終的に打ち解けることができずに、睨み合った状態が続いていたこと。そして、村の人々に主人公がシンパシーを感じていながらも、そこにも外人である以上入っていけない状態がずっと続いていたこと。それを考えてみると、この主人公Meinhardは、ちょっと込み入った性格の持ち主なのかもしれない。彼は、村人との会話の中で、イラクで人を殺したか?という質問を受けてお茶を濁したり、自分の兄弟が死んでしまったことが彼にとっての影を残すバックグラウンドになっているかもしれなかった。
話が少し途切れるが、馬の存在が映画の中にある。馬は途中その敵対している同僚のミス・事故で、大怪我をして、死んでしまう(銃で殺さざる負えない状況になる)。その怪我をする原因を誰が作ったのか、あとで知ることになるのだが、それを知ったMeinhardは、その同僚の前で、食いさがる。だが、その同僚は、「俺らはここに働きにきたんだ。」と言って去って行く。
つまり、主人公Meinhardは、馬に出会ってから、どんどん馬に思い入れをするようになっていったわけなんだけれど、その馬が突然死んだことによって、彼が、その馬を愛することになっていったというその状態を彼自身に突きつけられるのだ。
私は一体何をして、誰なんだ?ということだ。
つまり、馬を愛するようになったその時間をこの村で過ごし、村に住む人々をまた愛するようになっていたのだ。だが、彼は外人であり、しかもそれは虐げられるような存在ではないポジションにいる。優勢的なポジションを保ちながら、そこで仕事をしているのだ。
僕はこの映画に、現在のドイツ人のアイデンティティーや葛藤を見て、それが正しいのか何なのか別として、やはり西ヨーロッパ生まれの監督が西ヨーロッパで育って作り上げた映画であるという視点を持つことになった。



2017年12月11日月曜日

ぶれないように 続行

僕は、トーマスの映画やっぱ好きですね。
日常が、目の前にあってそれを見つめていくという行為、
最近トーマスのクラスでさらにもう一度気づいたことがあって、
1面スクリーンでの映像でナラティブが発生した時に、その中断を嫌う。
映画を成立させるための基本として、一つのストーリーが切れ目なく進んでいくこと。
僕は、いつもそれを脱線させていたわけですが・・・、それをどうやってクリアするのか、それが我慢であり、描写力であり、何を本当にやりたいのか。


2017年12月5日火曜日

カンヌある視点部門受賞監督・ベルリン映画祭レポート仕事

トーマス・アースランのクラスに移ってから、いろんな有名人というか映画関係者きまくりです。

来週は、今年のカンヌ映画祭のある視点部門受賞監督 Valeska Grisebach がきて話をするそうです。

贅沢すぎますね。

まだこのWESTERNという映画、日本では公開にさえなっていないのではないかと思います。

楽しみですね。

ところで、そろそろ帰国迫ってきました。
誰か会える人に会いたいな、と思っていますが、誰か時間ある人いないでしょうか。


全然違う話ですが、
ここ最近ずっと、自分が日本人であろうが、何人であろうがどうでもいいという態度をとってきましたが、それはある部分では間違いであると思っています。だって、悲しすぎるじゃないですか、自分がどこで生まれ育って誰に育てられてどんな文化でどんな言語で生きて、どんな友達と出会って、成長してきたか、全てなかったことにされてしまうなんて。

その意味で、やはり僕は、日本人であることを誇りに思うことにしたいと思います。
そして、皆さん、両親に感謝したいです。

ありがとう。

そして、今年のベルリン映画祭のレポートを書くお仕事を得ました〜〜。
とても嬉しく思います。
様々な日本人監督にお会いし、映画を堪能したいと思います!!!!!








2017年11月27日月曜日

Ben Russell と Dane Komljen と帰国

Ben Russell 「Good Luck」と Dane Komljen「Phantasiesätze」
を今日は見てきました。

ベンラッセルの方は、ドクメンタでインスタレーションしていたものが、1本になったものを映画館で上映する形でした。

そして、クラスメートでもあるんだけど、Dane Komljenの短編が同時上映されて、それも見てきました。

どちらの監督も会場にいて、会話がありましたが、まぁ、今回は、ベルリンプレミアということで、あんまり人もぎっしりいず、それが和みました。知り合いもちらほらいて・・・、

改めてベルリンで上映するっていうのは相当厳しいんじゃないかと思いました。
というのは、有名人住みすぎてる・・・・、そこらじゅうに映画監督やらアーティストやらいて、日曜日の午前中にわざわざ映画なんて見にいかない。家で、ゆっくり家族とか、もしくは仕事の疲れを癒す、みたいな感じで、

日曜日はだから好きです。

さて、帰国迫ってきました〜〜〜、
あと3週間後には、日本だぁ〜〜〜、嬉しいです。
納豆食べ放題。






2017年11月18日土曜日

John Ford

アメリカの映画の父、John Fordの映画を映画館で字幕なしで、filmで初めて見ました。
会場は、ガラガラかと思いきや、若い人からオジィちゃんまでほとんど満席でした。

正直なところ、なんで蓮實重彦が、John Fordの映画について、そんなに褒め称えるのかわかりませんでしたが、今回は、圧巻でした。

人物がスクリーンから出てきそうな存在感でした。

何故かわからないけれど、タルベーラを思い出しました。

タイトルは「My Darling Clementine」です。
隣のオジィちゃん最後泣いてたもんな〜

帰るとき、若い男の人、映画の中で流れた曲の口笛を吹いていました。

影響されてますが、この人の映画、映画館で無数に浴びるように見たいです。
それは不可能か・・・?

2017年11月12日日曜日

皮膚 JEAN-LUC NANCY

Der Körper, die Haut: Der Rest ist anatomische, physiologische und medizinische Literatur. Muskeln, Sehnen, Nerven und Knochen, Säfte, Drüsen und Organe sind
kognitive Fiktionen. Es sind funktionalistische Formalismen. Aber die Wahrheit ist die Haut.

体, 皮膚: "余り"は解剖学的、生理学的、医学的な文学である。筋肉、腱、神経、骨、ジュース、腺、臓器は、知覚に関してフィクションである。それは、機能的な形式主義である。だが、真理は皮膚である。???

「AUSDEHNUNG DER SEELE」という本を読んでいます。
課題です〜。
難しいですね〜、でも面白い。

今回のゼメスターの主題として、これをやらないと、このゼメスター乗り切れないそうです〜〜、

ナンシーが、心臓手術をしてその際に書かれたものらしいです。それを読んだ、映画監督Claire Denisが、「Der Feind in meinem Herzen」という映画を作った。

この映画のテーマとなっているのが、外部(よそ者)をどうやって受け入れるか、ということ。新しい心臓を受け入れるナンシーは、自分の文章の中で、それが、女性の心臓でないことを祈っている。それは、面白いですよね、自分が男で、心臓は女性の心臓。実際どうかわからないんだけど。

この映画は、詩的で何がどうなっているのか、はっきりとはすべてにおいて描かれていかないことが、すごい魅了なのだ。







2017年11月10日金曜日

そういえば 卒業

そういえば、来年で武蔵美を卒業してから、10年が経ちます。

なんだかよくわからない、映画・アート・ドキュメンタリーなどをキーワードに
静かに続けていることになった、という結果なわけです。

それで、2008年の1月に卒業制作を行ったわけですが、
その10年後、来年2018年1月にKAYOKOYUKIさんで、個展をする予定になっています。


いや面白いですね、そして何だか作るということとの自分の勝手なる運命なるものを感じているわけですね。